Keishi Tanaka

独特三昧 -

 制作期間に突入している。

 春は配信とレコードという形態で2作品、それに伴うそれぞれのツアーがあった。他にも、Negiccoへの楽曲提供やCM音楽の制作、あとはSawagiの新曲に歌を乗せるなんていうのもあって、割と忙しく過ごした。なので、夏になったら本格的に次の作品に向かおうと考えていた。

 そして、その夏は終わった。暑い日はまだあるけど、さすがにもう秋という方がしっくりくる。根室の親戚から秋刀魚も届いたことだし。つまり、夏の間に新作は完成しなかった。それでもゆっくりと進行はしていて、ライブを続けながら曲を作り、歌詞を書いている毎日。僕はすこぶる元気です。

 高松と神戸だけだったけど、楽しみにしていたプレイシングスツアーが終わった。日高さん、忍さん、田上さん、Niwタカヒロさん、おつかれさまでした。昨年は僕はお休みしたんで、2年ぶり。こういう言い方でしか表現できないんだけど、独特な会場で、独特なメンバーと、独特な時間を過ごした。独特というのはスペシャルということね。ボーカリストには必要な要素で、あのメンバーだとどうしてもひとり後輩風が吹いちゃう僕としては、こういうツアーは今だに勉強になる。ただ、その勉強になった部分を全て取り入れる必要がないのもボーカリストに必要な感覚だと思っている。

 そんな独特三昧の日々から東京に戻り、今日は今週で唯一制作作業ができる日なんだけど、外は台風のせいで風がすごいし、直撃している街が心配で、なんだか集中力がない。被害が大きくならないことを願うばかり。風が強いということはそれだけ通過するスピードも速いということらしいんで、その時間だけは行動をやめて、どうか通り過ぎるのを待ってほしい。

 こうしてブログを書いていると、頭が動きだすのか、歌詞を考えるモードになる時がある。今日はどうだろう。今のところその知らせはない。もしも気分が乗らないならば、別なことをするしかない。無理やりやってもいい曲はできないから。そんな時はライブモードに頭を切り替える。明後日からは荒井岳史さんとの北海道ツアー、さらに地元大樹町でのワンマンライブもある。ワンマンライブといっても、これは数年前に大樹町で動き始めた小さなフェス『宇宙の森フェス』を止めてほしくないと願う、いうなればお節介ワンマンなんだけど、その辺の話はまた改めてできたらなと思う。

 制作とライブ、違う作業ではあるけどもちろん繋がっていて、どちらも同じように愛を持って全力でやってます。雑記ではあるけど、なんだか熱い想いが妙に体の中をうごめいているのは、これも台風の影響なのかな。