Keishi Tanaka

移籍で一言 -

 NEWSでお知らせした通り、Niw! RecordsからHIP LAND MUSICに、所属事務所が変わりました。

 俗にいう、移籍。

 所属事務所が変わるとか、裏側のことではあるので、発表することなのか、したとしても一言お知らせできればそれで良いのか、正直なところ、あまり正解がわからないまま今に至ってます。マネージメント事務所とレコード会社の違いとか、説明すべきことはいろいろあるっちゃあるし、ないっちゃない、そんな気分で迷いながらこの文章を書き進めています。笑
 とにかく、Niw! Recordsとのマネージメント契約を終了し、新たにHIP LAND MUSICにお世話になることが決まったということです。

 正確には、少し前から新しいチームで動き出してはいたのですが、それまでに入っていたライブや制作仕事など、全て終えてから発表するのが良いのかなと勝手に判断し、先日のCM書き下ろし案件が公開になったところでお知らせすることにしました。
 結果、10月になったこのタイミングでお知らせできて、なんだか今日の台風一過のような清々しい気持ちです。

 理由はここで長々と書いても仕方ないので、ひとつだけ。要は「安全圏から飛び出す」ということです。ずっと同じ環境にいると、心地良いし、楽をできることも増えてきます。それは重ねてきたことの成果なんで、決して悪いことではないけど、知らないことを知った時の喜びはどんどん減っていきます。だから、新しい場所に自らを持っていって、また新しい作品を生み出そうと決めたのです。ちょっと不器用なやり方ではあるけど、僕にとってはとても大切な感覚なのです。全ては続けるために。
 これを読んでくれてるみなさんは、安心してこれからもついてきてください。そして一緒にKeishi Tanakaを楽しんでもらえればと思います。

 最後に、タカヒロさん、大塚さん、キナコちゃんをはじめとする現役ディスクユニオンのみなさんと、寺島、シュンキチ、マユミさん、先に辞めているNiw! Recordsの担当だったみんなも含め、本当にお世話になりました。言うまでもなく、Niw! Recordsあっての僕ですので、感謝は死ぬまで持ってようと決めています。これからも色々と絡んでいくことが目に見えているので、特にお別れとかではないのですが、ひとまずの区切りとして、、、今までありがとうございました!!