Keishi Tanaka

『BREATH』 -

 2019年5月8日に『BREATH』という名前の新しいアルバムをリリースします。CDとレコードと配信、全てを使って。

 新しいビジュアルやジャケットが公開になり、先行シングルとして、タイトル曲「Breath」のストリーミング配信が3月13日からスタート。さらにミュージックビデオも公開になります。小さな歯車をひとつずつ揃え、丁寧に並べていき、やっとエンジンが動くところまできたという感じ。あとはボディに磨きをかけつつ、仕上げの細かい部品を、、、なんかプラモデル作ってるみたいに言ってるけど、まあいいか。とにかく最高の形でみんなのところに届けますので。

 昨年、事務所を移籍したので、リリース元となるレーベルもゼロから自由に考えることにしました。何のしがらみもなく、今の時代だからこそメジャーもインディーも関係なく、色んな人に会って、色んな話をしましたが、今回のタイミングで色んなことがしっくりくることはありませんでした。なので、これからも色んな人と話をしていきたいと思っています。今まで通り、手を上げてくれる人には会いに行くし、僕からも声をかけるつもりです。

 作った楽曲は、イメージしていた時期に出すべきだと思っています。なので、難しいことは一回忘れて、今回は自分でリリースすることにしました。昨年リリースしたシングル「This Feelin' Only Knows」もそうですが、時代的に面白いかなと思えたのと、レーベルのどの部分が自分にとって必要なのかを知る良いきっかけにもなる気がしたので。
 自主レーベルを立ち上げるというわけではなく、レーベルという概念を一度取っ払うというか。ミュージシャンが音楽を作って、作品を作って、それを売る、ただそれだけのこと。とてもシンプルです。もちろん事務所の理解とサポートあってのことですが、今作でそれをやることで、もしかしたらKeishi Tanakaに合ったレーベルがわかるかもしれないし、逆に、今回のやり方が一番しっくりくる可能性もあります。

 これを読んでる人の多くは、「どうでも良いよ、そんなこと」と思うかもしれないけど、同じように僕自身もある意味どうでもよくて、僕は良い音楽と良いライブを作り続けるしかできないわけで。でも逆にいうと、ミュージシャンはそれを諦めなければ、何の問題もないわけで。そんなことを証明するアルバムになると良いなと思っています。要は、誰かと契約するために音楽作ってるわけではないってこと。今まで通り、愛をもって音楽を続けていくなかで、自分にとって重要な人と出会えたら嬉しいなと思っています。

 ずっとワクワクしています。東京で音楽を始めた18歳の頃から。もっと言えば、遊びでバンドを組んだ15歳の頃からずっと。音楽でそれを継続できていることは本当に奇跡のようなことで、感謝すべき人もたくさんいて(あなたもそのひとりです!)、5月にまた新しい形でそれを生み出そうとしています。それまでの間、先行配信された「Breath」を聴いて、ミュージックビデオを観て、先に発売になるベストアルバムを聴いて、4月にある東名阪ワンマンツアーに遊びに来てください。待ってます!