Keishi Tanaka

[NEW KICKS GREENSPIA 2021]、開催中止のお知らせ -

 2021年5月3日、大阪服部緑地野外音楽堂で開催を予定していた[NEW KICKS GREENSPIA 2021]は、中止の決定をしました。直前の決断とお知らせになってしまい、モヤモヤした時間を作ってしまったこと、本当に申し訳なく思っています。すいません。
 
 この日を楽しみに日々を頑張ってた人もいるだろうし、僕もそのひとりで、本当に残念ではありますが、ここは一旦、引くことにしました。そもそも緊急事態宣言にともない、会場の服部緑地野外音楽堂が休館ということで、やろうにもできないという結論なのですが、たとえ会場側がやれたとしても、今回は自分で同じ判断をしていたと思います。「命あるなら音楽にできることがある」という想いは変わってなくて、むしろ変わってないからこそ、です。
 
 医療の現場が少しでも早く落ち着きますように。今はそれを一番に願っています。そしてその後に、またライブの出番がくることを信じています。
 
 今回の[NEW KICKS GREENSPIA 2021]は、その名の通り共同開催として一緒に準備を進めてくれた関西イベンターのGREENSとチケットぴあ、そして共演で誘ったbonobosとDENIMS、アウトドアのイベントとしても楽しめるようにと誘った、CHUMS、OUTPUT LIFE、ランドネ、さらにはまだ発表できていなかったブランドたち、もちろん僕のバンドメンバー、スタッフ、事務所のヒップランドも含め、多くの人と一緒に準備を進めてました。関係者全員に感謝しています。今回はやれなかったけど、次回のことも含め、また連絡します。
 
 覚悟していたとはいえ、さすがにため息混じりの1週間でした。苦しかった。でもここで大きなため息をひとつ吐いて、また次のこと考えます。文化芸術は生きていくために必要です。何もない場所で、無音で何日生活できるでしょう。そこに絵や写真があり、花や本や映画があり、お笑いやスポーツがあり、舞台があり、洋服があり、腹だけではなく心も満たしてくれる食べ物と飲み物があり、心奪われる形や匂いがあり、そして音があるから、僕らは生きていけるはずです。「今は必要ない」という人がいたら、今こそ必要としている人がいることも想像してほしい。そして、必要だと思ったときに無くなっている未来も想像してほしい。そうならないように、絶やさないように今後も僕は音楽を続けます。今回は引きますが、あくまで「今回は」です。
 
 また会いましょう。
 それまで体も心も元気でいてね。
 
[NEW KICKS GREENSPIA 2021]告知ビジュアル_NEWver.jpg