Keishi Tanaka

I'm With You -

 ここに何かを書くときは、ちょっと大きな声で言いたいことがあるときです。昔はもっと日記的な使い方をしてたこともあるけど、今は日常的にSNSに書いたり、noteを使ってたりもするので、どうしてもこの場所はたまにってことになってしまいます。けど、ここはここで失くしたくない場所ではあります。自分で少し前にさかのぼって読んで、改めてそう思いました。

 さて、今日の大きな声で言いたいことは何かというと、もちろん「新曲が出ます!」ということ。あと数時間後、8月25日になった瞬間に『I'm With You』がリリースとなります。おめでとう、自分。

 今回は、ちょっと気分を変えたいという思いから、久々にYaffleと打ち合わせをして、『Hello, New Kicks』ぶりに制作を依頼。Nobuaki Tanakaという新たなクリエイターを紹介してもらい、チームTOKAとして仕上げてもらいました。とても気に入ってます。そして、ジャケットはヨッケことYosuke Tsuchidaが制作を担当。ヨッケとはもう15年くらい友達なんですが、ここにきて初めてお願いしました。タイトルを前面に押し出したナイスなアートワークだと思ったので、そのまま落とし込んだTシャツを現在制作中です。9月には通販開始できるかと思うので、お楽しみに。

I'mwithyou_jacket_fix.jpeg
 気分を変えたいと言いつつ、それは曲ができた後の話で、曲や歌詞を作ってる時は、今の気持ちを吐き出すような曲を作ろうと思っていたので、結局大きなテーマは前作『AVENUE』の曲たちと近いです。目の前の状況が変わってないので、考えること、言いたいこともまだ一緒なんだなと自分でも感じながら、そこに抗わないで素直に書き連ねました。歌詞を説明しすぎるのはつまらないと思っているのですが、今回の『A SONG FOR YOU Vol.05』では少しその辺にも触れています。少し触れ過ぎたので消そうか迷った文章です。さらに、今回は新たな試みも始めるので、「アソングフォーユー?ってなんだ?」って人も含めて、ぜひ一度チェックしてみてほしいです。

 オフィシャルウェブショップ
 https://keishitanaka.stores.jp/

 そして、まだまだお知らせがありますよ!その気になった時の僕は、いつだって情報量多めです(笑)。今、日々変わるムードのなか、いろんなことを考えた結果、弾き語りのリリースツアー組みました。「焦らずに」と決めたちょうど1年前の気持ちのままでした。なので、新曲『I'm With You」は弾き語りも意識した曲です。すでに何度かライブでも弾き語りましたが、そのバージョンも同時に音源として残しておこうと思ったので、この度、弾き語りの作品を作ることにしました。その名も『UNPLUGGED』。アコギを弾きながら歌ってるだけのシンプルな音。全6曲のライブに近い空気。きっと喜んでもらえると思います。ジャケットはMisato Iwamotoに依頼。岩本くんのイラストは本当に最高なのです。毎回、僕の気分をよく捉えてくれます。それも才能だし、スキルだなと。そして紙ジャケね。もともとはツアーの会場で販売することを考えていましたが、こんな時期だしもちろんたくさんの人に届けたいので通販もやります。ぜひ手元に置いといてください。あ!そうだ!「CDはもう聴けない!」という人のために、盤にダウンロードコードを載せてます。なので、全員買ってください。


1628600823100.jpg
 そして、ライブに関して。

 今日もまたイベントの中止発表がありました。この1週間はその連絡が絶え間なく入ってきました。そして、自分の[I'm With You Tour]の初日、富山編も中止を決めました。これも地元のイベンターと協議した結果です。これら一連の中止や延期の決定に対して、もちろん不満に思うことなんてないし、心から支持しています。決定までに苦しんだ人がいること、残念に思ってくれる人がいることに想いを馳せています。

 同時に、この流れに従いツアーを全てを中止にしようとか、そんな気持ちが無いこともここに書いておきます。ひとつひとつを真剣に考え、決められたルールを全て守った上で、やれることはやります。自分なりに、この状況を想定した上で、規模や内容を考えて組んだツアーです。自分、事務所、スタッフ、会場、そしてお客さんの顔を思い浮かべ、やるリスクとやらないリスクを並べ、今後のツアーについても考えていきます。

I'MWITHYOUTOUR.jpg
 そもそも、やらないリスクが存在することに問題があると思っています。多少ではなく、死活問題として存在するリスクの話です。昨年の4月頃、1度目の緊急事態宣言のなかで、少し動き出した後に始まるであろう分断が怖いなと思いました。結果それが現実となり、今もなお続いています。やらないリスクが存在する以上、分断は止まらないと思っています。どんな職業でも「やらなきゃ死ぬ」という人がいることは全然大袈裟じゃない。そして、この分断を作ったのは政治だし、止められるのも政治しかない。対策という物理的なこともそうだし、説明やメッセージ、信頼という意味でも。

 選挙に行きましょうね。もうすぐ大きいのがあるんで、今のうちに住民票移したりとか準備をしておいて、初めての人もこの機会に。どこに入れるかは自分で決めたら良いけど、ひっくり返すための1票じゃなくても、好き勝手にさせないための1票が必要だと、僕は思ってます。

 リリース前日の、こんなハッピーな日に、政治の話なんてどうかしてると思う人もいるかもだけど、今の世の中や自分の人生に直結する話なのでしました。必要であれば今後も躊躇なくします。またみんなで歌える場所を諦めるわけにはいかないので。それまで体を健康に、心を健康に、音楽を止めることなく、場所を潰すことなく。我慢をしながら、それぞれの現場のことを考えながら、それでも諦めないってのは結構大変なことだけど、やるしかない。その想いを『I'm With You』に乗せて、このあと8月25日の0時に遠くへ飛ばします。ライブではしばらくは僕1人で歌い続けます。そして、直近のバンドセットは全て中止や延期になってしまったけど、またメンバーと一緒に歌える場所が始まって、いつかはフロア全員で大合唱、よろしくです。

 いろいろ考えてるうちに、そろそろインスタライブでもやろうかなという気持ちになりました。なので、明日8月25日、発売日の21時頃にインスタライブします。まずはそこで、いろいろ会話して、何曲か歌って、それぞれの未来を想像しましょう、お互いに。