Keishi Tanaka

透明色のクルージング -

本日無事に発売日を迎えました『透明色のクルージング』、調子はどうですか?

fox capture planに演奏をお願いしてシングルを作ろうと思ったのが昨年末。なるべく彼ららしいアレンジで、あとは好きな曲のカヴァーも2曲入れようくらいまでは自分の中にあって、僕からお願いしたことなのですが、そこから先は彼ら側からの提案もたくさんもらいました。一番大きいのは、何と言っても2レーベルから同発でお互いのシングルとして出そうというところまで話が膨らんだこと。お互いのレーベルスタッフも交えて話し合いを重ね、今回のようなことが実現しました。こんなわがままを面白がってくれたお店や、関係者の皆さんにも感謝しなければですね。ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。

IMG_3046.JPG僕盤(△の方)にのみ入っているカヴァー曲は、John Valentiの『Anything You Want』とThe Spiral Staircaseの『More Today Than Yesterday』です。fox capture planが昨年発売したカヴァーアルバムの僕なりのアンサー、つまりは大名曲というテーマで好きな曲を選びました。どちらも元曲と一緒に楽しんでもらえればと。

冒頭で既に手元に届いている皆さんからの「調子」を聞きましたが、僕自身も見切り発車で今回のシングル制作に望んだ部分があって、でも実はそれ自体が今作のテーマだったりします。自分が作った曲、歌詞が、普段とは違う音の中でどう響くのか、メロディや歌詞や声はどうか。そういうことを一緒に楽しめる作品になればと思ってました。わかりにくくて、想像しにくくて、見えにくい透明なこの曲を、ちゃんと逃さずに見つけてくれて、聴いてくれれば嬉しいなと思います。

何でも見ようとしない人には見えないし、聴こうとしない人には聞こえない。でもそういうものが意外に綺麗だったりする。例えば昼間の月とかね。そういうものが世の中にはたくさんあるよ。

ということを歌ってます。

なので、5月20日から始まるfox capture planとのツアーで、彼らのもう少し深いところまで覗いてこようと思います。なぜピアノのメルテン君はすぐに斜めの姿勢になってしまうのか、ベースルイージ君の肝臓や、ドラムつかっちゃんの筋肉はどんなことになっているのか、そんなことに目を凝らしてみます。何か判明した場合はインスタグラムやツイッターで報告しますね。

『透明色のクルージング』は、今のところfox capture planとしかやる気が起きないので、貴重な9本のツアー、どこかに遊びに来てくださいね。

Keishi Tanaka × fox capture plan
"the CRUSING tour"

2016年5月20日(金)千葉県 柏 Cafe Line 
2016年6月6日(月)愛知県 名古屋 TOKUZO
2016年6月9日(木)京都府 京都 UrBANGUILD
2016年6月10日(金)福岡県 福岡 INSA
2016年6月11日(土)広島県 広島 LIVE Cafe Jive
2016年6月12日(日)香川県 高松 TOONICE
2016年6月17日(金)長野県 長野 the Venue
2016年6月18日(土)富山県 富山 MIRO 
2016年6月19日(日)東京都 西麻布 SuperDeluxe

九州の地震に関する募金活動報告 -

先日の[NEW KICKS at Billboard]、4/20大阪、4/23東京の2公演で皆さんからご協力頂いた募金、合計177,018円を『幡ヶ谷再生大学』に九州復興支援金として預けました。『NBC作戦』を始め、現地の直接的な動きに使ってもらうようにお願いしました。

幡ヶ谷再生大学 (#幡再)
http://hatagaya-saisei-univ.jp/rebirth/index.html
https://twitter.com/re_birth_univ?ref_src=twsrc^tfw

NBC作戦 (#NBC作戦)
http://www.nbc-sakusen.com/
http://www.takeshihosomi.com/blog/
(細美武士さんが熊本地震に関するNBC作戦の動きをまとめてるので載せておきます)

今回の募金活動に賛同し、協力してくれたサポートメンバー、スタッフ、そして実際に募金してくれた皆さん、ありがとうございました。熊本、大分をはじめ、被災した九州の皆さんが、心から音楽を楽しめる日がなるべく早く来るように願っています。

IMG_2911.JPG

NEW KICKS at Billboard -

NEW KICKS at Billboard、大阪公演、東京公演に来てくれた皆さん、ありがとうございました。

それぞれの1部と2部で全4公演、終わってみればあっという間でしたが、かなり前からぼんやりとこの2日間のことは考えていたし、いざ色々決めていかなきゃとなってからは、新しいストリングスアレンジやホーンアレンジを考えたり、既存の曲もその日一番気持ち良いアレンジはどれかを悩んだり、曲順を入れ替えたり、ゲストの順番を決めたり、照明や演出を悩んだり、何がベストか、ワクワクしながらもイメージが頭の中をぐるぐる回っていて、それだけで少し酔いました。どのライブも準備することは一緒なんですが、いつもと違う場所でのワンマンということで、無意識に気が張っていたんだと思います。

そんなことも想定した心強いゲスト陣。TGMXさんとチャーベさんがいれば安心だったし、fox capture planとの新曲"透明色のクルージング"をやると決めたことでモチベーションをさらに高めていました。東京ではカジヒデキさんと久々に"もう恋しちゃう"を歌い、Predawnと"Foggy Mountain"をデュエット。一緒に歌うことで、僕が一番楽しませてもらった様な感覚です。本当にありがとうございました。

安心といえば、うしろを固めてくれていたサポートメンバーにも本当に感謝しています。演奏に安定感とユーモアがちょうど良いバランスでミックスされていて、あのグルーヴをビルボードのステージで観せられたことがとても嬉しいです。僕の音楽をいつも気持ち良く鳴らしてくれてありがとう!東京2部、ステージに上がる直前に実は曲を1曲増やしたのですが、むしろメンバー側から「あの曲やりましょうよ!」と言ってくれたのが凄く嬉しかったのです。

そんなゲストとサポートメンバーの力も借りつつ、自分の力も信じつつ、全4公演、どれも最高に良い気分でライブを終えました。それぞれに込み上げる感情が違ったのも面白かったです。何百回歌ってる曲でも、その瞬間の感情があるし、ライブはやっぱりその時間だけの特別なものです。まあ、あえて言葉にするまでもないですね。ライブに来てくれている人も同じ様に思っていてくれてれば嬉しいです。

僕のNEW KICKS、新しい刺激を探す旅はまだまだ続きます。またどこかのライブ会場で会いましょう!

P.S.
九州の地震に関する募金にご協力頂いたみなさま、ありがとうございました。集まったお金の届ける先は、金額とともにまたこの場で報告させてもらいます。

P.S. その2
ヤマテツ撮影の最高な写真をいくつか貼っておきます。思い出したり、想像したりしてもらえればと。

0004_MG_1550.jpg0007_E7A5640.jpg0008_MG_1562.jpg0012_E7A5661.jpg0013_MG_1593.jpg0022_H3A3646.jpg0046_MG_1615.jpg0047_H3A3982.jpg0052_H3A4072.jpg0083_MG_1706.jpg0187_E7A6553.jpg0089_MG_1721.jpg0202_H3A4493.jpg0093_E7A5750.jpg0098_MG_1754.jpg0195_E7A6659.jpg0135_E7A6015.jpg0198_H3A4454.jpg0236_H3A4688.jpg0193_E7A6614.jpg0222_E7A6710.jpg0241_H3A4719.jpg0249_MG_2109.jpg0119_MG_1848.jpgPhoto by Tetsuya Yamakawa

NEW KICKS at Billboard チケット発売開始 -

明日2/17から[NEW KICKS at Billboard]のチケットが一般発売になります。

Jens Lekmanとか、Benny Singsとか、Wouter Hamelとか、Boyとか、色んなアーティストを観てきたステージだし、簡単に立てるところだとも思っていないので、とても特別な気持ちでその日を迎えるんだと思います。

昨年にBillboard側から、しかも僕に直接連絡が来てこの話が決まりました。タイミング的にはもう少し早い予定だったのかもしれませんが、僕のリリースの予定や、ライブの予定に合わせてもらった形です。僕のイベント[NEW KICKS]としてやらせてほしいというのも、わがままな要望だったかもしれません。これは完全に僕の気持ちの問題。関係者の皆さんにはとても感謝しています。

2部制であることや、会場の座席などは、当然いつものBillboardの形態でやります。食事なども楽しめますので、自分のペースで楽しんでいって頂ければと思います。そのスペシャルの雰囲気の中で歌える喜びを想像しながら、いつも通りしっかり準備していきます。すでに発表になっているfox capture planをはじめ、ゲスト陣もお楽しみに。

それでは、大阪と東京で会いましょう!

"NEW KICKS at Billboard ~Hello, New Kicks Release Party~"

2016年4月20日(水)大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
1st STAGE OPEN 17:30 / START 18:30
2nd STAGE OPEN 20:30 / START 21:30
INFO Billboard OSAKA: 06-6342-7722

2016年4月23日(土)東京都 六本木 Billboard Live TOKYO
1st STAGE OPEN 17:00 / START 18:00
2nd STAGE OPEN 20:00 / START 21:00
INFO Billboard TOKYO: 03-3405-1133

Support Member
Drum / 小宮山 純平
Guitar / 潮田 雄一 (QUATTRO)
Bass / 田口 恵人 (LUCKY TAPES)
Piano / gomes (FAB)
Tenor saxophone / CrossYou (RIDDIMATES)
Trumpet / 阿部 健太
Violin / 谷崎 舞 (4/20大阪), 銘苅麻野 (4/23東京)
Viola / 塩澤 佳奈
Cello / 吉良 都
...and more

GUEST
fox capture plan
...and more

■チケット Web予約 & プレイガイド
自由席 5,900yen / カジュアル 4,400yen (1ドリンク付)

Web予約
Billboard会員 2/10(水), 一般 2/17(水)

プレイガイド
発売日: 2/17(水)
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード: 未定)
イープラス http://eplus.jp/

_S0A4131.jpg

2016年、始めます。 -

2016年になって10日ほど経ちました。仕事初めは元旦9時からのラジオ生電話出演でしたが、そのあとはのんびり正月を過ごし、リハ、ust熊枠、DJ、ラジオなどをやりつつ、新年会や友達のライブなど、比較的スロースタートをかました今年の年始、ここらで改めて、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年末は振り返る暇がない程に忙しく過ごせました。楽しい年末でした。それもこれも"Alley"というセカンドアルバムのおかげだと思ってます。聴いて完成させてくれた皆さんに感謝してます。全国のライブ会場で会った人も、ありがとうございます。

今年のライブ初めは北海道から。1/15札幌(弾き語り)、1/16札幌(バンドセット)、1/17旭川(弾き語り)です。北海道出身の僕としては嬉しいライブ初めです。バンドセットでは、北海道、初!上!陸!

ライブは今年も変わらず継続していこうと思います。次回作のイメージもあるのですが、その制作が始まったとしてもライブは続けていこうかと。2016年も約100本のライブ回数になるといいなと思います。皆さんの力も借りながら。そして、2枚のアルバムを通して作り上げたことを進化させつつ、深化させつつ、ある部分を一度壊して再構築したり、今までとは違う新しいモノに触れてみたり、今まで以上にとにかくやってみる年にしようかなと思ってます。そう思えたのも"Alley"と"Fill"のおかげかなと。

さて、今日は2016年1月13日、新しいシングルの発売日です。タイトルは"Hello, New Kicks"、この曲から今年のKeishi Tanakaはスタートです。もう既に手にしたという人もいるようで、嬉しい限りです。詳細に関しては以前書いたブログ(http://ur0.xyz/qndn)も合わせて読んでみて下さい。そして、そのブログを書いた時はまだ撮影前だったMVも無事に公開されています。YOSHIROTTENのクルーと一緒に異国を歩き回った思い出のMV、ぜひチェックしてみて下さい。さらに、CDや7inchを買った人しか聴けないKai Takahashi Remixも必聴です。聴かないと損するヤツです。

というわけで、少し遅くなりましたが、2016年、Hello, New Kicks!!